シミに効く飲み薬シミを消す治す薄くする内服薬をご紹介

 

当記事ではシミに効く飲み薬をランキング形式でお知らせします。

 

体の中から美白対策したい。そんな時におすすめなのがシミ対策医薬品です。

 

通販やドラッグストアで買える商品をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

\\早速シミに効く飲み薬ランキングを見たい方は以下のリンクからどうぞ//

 

シミに効く飲み薬おすすめランキングへ

 

シミに効く飲み薬は医薬品として5つに分類される

 

シミに効く飲み薬 医薬品の種類

 

医薬品は、医療用医薬品と一般用医薬品に分けられます。

 

処方箋なしでドラッグストアなどで購入できる医薬品は、一般医用薬品と呼ばれます。

 

一般用医薬品はさらに5種類に分けられます。

 

  • 要指導医薬品
  • 医療用医薬品の成分を含み、一般用医薬品に切り替わった直後の医薬品や、市販薬として初めて販売される医薬品。

     

  • 第1類医薬品
  • 要指導医薬品とほぼ同じ扱いで、副作用や相互作用などの項目で安全性上、特に注意が必要な医薬品。

     

  • 指定第2類医薬品
  • 第2類医薬品の中でも、他の薬との飲み合わせなどでより注意が必要な医薬品。

     

  • 第2類医薬品
  • 副作用や相互作用などの項目で安全性上、注意が必要な医薬品。

     

  • 第3類医薬品
  • 副作用のリスクが最も低く、相互作用が穏やかな医薬品。

 

シミに効く飲み薬で副作用のリスクが低いのは第3類医薬品

 

一般用医薬品は、副作用のリスクが高い順に「要指導医薬品→第1類医薬品→指定第2類医薬品→第2類医薬品→第3類医薬品」となります。

 

第3類医薬品は最も副作用のリスクが低く、品質や有効性が認められている飲み薬です。

 

シミに効く飲み薬の有効成分には何があるの?

 

シミに効く飲み薬 有効成分

 

ここからは、シミに効く飲み薬に配合されている代表的な有効成分についてご紹介します。

 

シミに効く飲み薬の配合成分 L-システイン

L-システインは、ほとんどのシミに効く飲み薬に配合されている成分で、肌の代謝を助けるアミノ酸の一種です。

 

肌のターンオーバーを正常化し、角質に色素沈着してしまったメラニンの排出をサポートします。

 

ビタミンCと一緒に摂取すると、メラニンを無色化する働きが促進され、美白効果を発揮します。

 

シミに効く飲み薬の配合成分 ビタミンC

有名な美白美肌成分といえばビタミンC(アスコルビン酸)。

 

ビタミンCは、シミの原因となる過剰なメラニンの発生を抑制し、メラニンの無色化や、メラニンを分解して排出を促します。

 

ビタミンCはコラーゲン生成の材料のひとつなので、美白・美肌には欠かせない成分です。

 

シミに効く飲み薬の配合成分 ビタミンB2

ビタミンB2の一種であるリボフラビンは、体に吸収されやすいように開発された医薬品成分。

 

「皮膚・粘膜のビタミン」ともいわれ、健康な皮膚・爪・髪には欠かせないビタミン

 

肌のターンオーバーを正常化し、皮膚の炎症によってできたダメージを早く回復してくれるので、ニキビ跡によってできた色素沈着の解消にも効果があります。

 

シミに効く飲み薬の配合成分 ビタミンE

ビタミンEは主にd-α-トコフェロールとして配合されている成分。

 

強い抗酸化作用があり、シミの原因となるメラニンを生成する元となる活性酸素を抑え、肌の老化を予防します。

 

血行や肌のターンオーバーを促進する働きがあり、ダメージを受けた肌の回復をサポート、メラニンの排出を早める、肌トラブルの改善などの美肌効果が期待される成分です。

 

 

シミに効く飲み薬の有効成分はシミの種類によって違う!

 

シミに効く飲み薬 シミの種類

 

シミには種類があるのをご存知でしょうか。

 

ここではシミの種類とシミの種類別にシミに効く飲み薬の有効成分をご紹介します。

 

シミには種類がある

 

悪性のシミ

悪性のシミとは、いわゆる「皮膚がん」のこと。

 

皮膚がんには大きく分けると以下の3つがあります。

 

  • メラノーマ(悪性黒色腫)
  • 基底細胞がん
  • 有棘細胞がん

 

初期はしみやそばかす、ほくろのような見た目で、がんであるかどうかの見極めには医師の診察と検査が必須です。

 

特にメラノーマは非常に悪性度が高く、転移や死亡リスクがあります。

 

気になる方は早期に皮膚科を受診しましょう。

 

良性のシミ

悪性のしみと違って、体に害を及ぼさないシミです。良性のシミにも種類があります。

 

  • 老人性色素斑

一般的なシミです。
年齢は関係なく、過剰に紫外線を浴びるにより発生するシミです。

 

  • 炎症性色素沈着

傷やニキビ跡が色素沈着を起こしたシミ。
肌のターンオーバーが正常であれば、徐々に薄くなって自然に消えていきます。

 

  • 雀卵斑(そばかす)

遺伝的な要素が強く、紫外線によって濃くなっていくそばかす。
多くは鼻から頬周辺にポツポツと小さな点のようにできます。

 

  • 肝斑(かんぱん)

ホルモンバランスの乱れが原因で起こるシミ。
頬の周辺に左右対称にできるのが大きな特徴です。

 

  • 脂漏性角化症

老人性色素斑が盛り上がってイボのようになったシミ。
元々あったシミが長年にわたり紫外線を浴び続けると発生します。

 

  • 花弁状色素斑

肩から背中にできる小さなシミ。
急激に日焼けすると発生し、メラニンが真皮層にまで届いているのが特徴です。

 

 

シミの種類についての詳しい説明はこちら

 

どのシミにどの有効成分がいいの?

 

老人性色素斑、炎症性色素沈着、そばかすに有効な成分

L−システインでメラニンの働きを抑制しながら、ビタミンCやビタミンEも一緒に摂りメラニンを薄くするのが有効。

 

肌のターンオーバーを促してシミの原因のメラニンを排出すためにも、ビタミンBの摂取も効果的です。

 

肝斑(かんぱん)に有効な成分

肝斑に有効な成分と言えばトラネキサム酸です。

 

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種で、医療現場では主に「止血剤」「抗炎症剤」として長年使用されている成分で、近年、肝斑に対しても効果・効能があると認められています。

 

脂漏性角化症、花弁状色素斑に有効な成分

シミに効く飲み薬では治せません。

 

皮膚科を受診して適切な処置をしてもらいましょう。

 

 

シミに効く飲み薬の選び方

 

シミに効く飲み薬 シ選び方のポイント

 

シミに効く飲み薬はどのように選べばよいのでしょうか。

 

選び方の重要なポイントをご紹介します。

 

シミに効く成分を多く配合している飲み薬

シミに効く飲み薬で美白を狙うなら有効成分の配合量が大切。

 

シミを綺麗に消したいのなら、美白有効成分をより多く配合しているシミを治す飲み薬を選びましょう。

 

シミ以外にも効果を発揮する飲み薬

シミが綺麗に消えても、シワがあると年齢を感じさせてしまいます。

 

他に気になる部分がある方は、シミ以外にも効果・効能のあるシミに効く飲み薬を選びましょう。

 

返金・返品保証のある飲み薬

せっかくシミに効く飲み薬を服用しても、自分に合わなかった場合に無駄になってしまいます。

 

自分の体質や症状に合うか不安な方は、返品・返金保証が充実しているシミを薄くする飲み薬を選びましょう。

 

継続して使用できる価格帯の飲み薬

シミに効く飲み薬は即効性が無いので、継続服用が大事

 

継続して服用するためには継続して購入できる価格帯のシミを治す飲み薬が良いので、ご自分のお財布と相談して選びましょう。

 

シミに効く飲み薬 通販で買うならコレ!おすすめランキングTop3

ここからは、通販で購入できるシミに効く飲み薬をランキング形式でお伝えします。

 

ランキングは老人性色素斑、炎症性色素沈着、そばかすに効果的なシミが消える飲み薬に限定しますが、通販のランキングと市販薬のピックアップの後に、肝斑に効く飲み薬をご紹介します。

 

ホワイピュア

シミに効く飲み薬 ホワイピュア

ホワイピュアの商品概要

ホワイピュアは雑誌やインスタグラムなどSNSでも話題で人気の第3類医薬品。

 

L-システインと4種のビタミン配合で体の内側からシミ・そばかすに効果を発揮します。

 

パッケージが瓶ではなく袋タイプで、持ち運びに便利なのも嬉しいポイント。

 

美白に有効なビタミンCとL-システインの配合量が多いシミに効く飲み薬なので、より効果的に美白を狙いたい方におすすめです。

 

ホワイピュアの有効成分(1日当たり)

ビタミンC:1,000mg、L-システイン240mg、ビタミンB2:6mg、ビタミンB6:12mg

 

ホワイピュアの価格情報

通常価格5,800円。初回1,900円(67%OFF)、2回目以降4,930円(15%OFF)の定期コースあり。

 

ホワイピュアの口コミ

口コミ

 

私の最大の悩みは頬のそばかす。
シミが消える飲み薬を飲み始めてから「肌キレイ!」「顔色最近いいね!」って友達から言われるようになりました。
頬のそばかすが薄くなったのもありますが、それ以上に顔全体が美白になったように感じます。
(20代女性)


口コミ

 

使い始めて2カ月ちょっとになります!本当にシミが薄くなりました!!
どうしてもターンオーバがあるので、1ヶ月は試したいと思い使っていましたが、本当に最近薄くなってるのがわかります!
シミそばかす飲み薬、これからも続けていきます。
(30代女性)


口コミ

 

今まで色々な種類の医薬品を試してきましたが、あまり効果がありませんでした。
ホワイピュアを飲み始めて3ヵ月経ちましたが、シミが消えて、肌が白くなったように感じます。
最近は実年齢より若く見られるようになりました!
(40代女性)


 

WHITE RUMAN(ホワイトルマン)

シミに効く飲み薬 ホワイトルマン

WHITE RUMANの商品概要

ホワイトルマンはシミに効く医薬品の中でも副作用の低い第3類医薬品。

 

ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンEをメインに配合しており、シミの原因となるメラニン生成の抑制、メラニンの無色化、肌のターンオーバーを促してシミを消します。

 

成分ではビタミンCの配合量が1200mgと断トツで多いのがポイント。

 

ホワイトルマンは返品・返金保障があるシミに効く飲み薬なので、初めての購入で不安な方におすすめです。

 

WHITE RUMANの有効成分(1日当たり)

ビタミンC:1,200mg、ビタミンB2:10mg、ビタミンE:100mg

 

WHITE RUMANの価格情報

通常価格5,980円。初回1,900円(76%OFF)、2回目以降5,980円の定期コースあり。
30日間全額返金保証あり。

 

WHITE RUMANの口コミ

口コミ

 

シミやそばかすを消したくて、高額なホワイトニング系の化粧品を使っていましたが効果がでず。
そんなとき友達からホワイトルマンを教えてもらったので試してみました。
ホワイトルマンを飲み続けて2か月になりますが、シミそばかすが随分目立たなくなってきました!
(20代女性)


口コミ

 

ホワイトルマンを1カ月近く飲み続けているのですが、なんとなく肌の色が全体的に白くなったように思います。
ファンデーションの色を明るくしてみましたが、違和感なく使えているので嬉しいです。
(30代女性)


口コミ

 

ホワイトルマンを買ってみました!
顔にあったシミがだんだん薄くなって、肌が全体がクリアになってきたような気がします。
これからも毎日飲み続けていきたいです。
(40代女性)


 

ロスミンローヤル

シミに効く飲み薬 ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの商品概要

ロスミンローヤルはシミだけでなくシワの悩みにも効果・効能を発揮する第3類医薬品。

 

雑誌やメディアでも話題の人気シミに効く飲み薬です。

 

肩こり、腰痛、冷え性など女性特有の不調にも効きます。

 

成分では9種類の生薬成分を含む22種類の美白・美肌有効成分を配合しているのがポイント。

 

シミにプラスしてシワや肌質を総合的に改善したい方におすすめです。

 

ロスミンローヤルの有効成分(1日当たり)

ビタミンC:180mg、L-システイン160mg、パントテン酸カルシウム:15mg、ビタミンB6:5mg

 

ロスミンローヤルの価格情報

通常価格7,600円。初回1,900円(75%OFF)、2回目以降5,800円(30%OFF)の定期コースあり。

 

ロスミンローヤルの口コミ

口コミ

 

以前からシミが気になってたので購入。
シミそばかす飲み薬を服用して1ヶ月ですが、本当にシミが減りつつあります!
今まで色々試してきましたが、ロスミンローヤルは効くのでずっと続けたいサプリメントになりました!!
(20代女性)


口コミ

 

生薬を使っていて体に優しそうなので、副作用の不安や心配はありませんでした。
くすみがちな肌が明るく見えるし、肩こりも気にならなくなったり体の血の巡りが良くなってきています。
美白と健康も叶うシミそばかす内服薬だと思います。
(30代女性)


口コミ

 

1日3回、3粒で無理なく飲める点が良いです。
小さ目の錠剤なので、喉につかえることなく手軽に飲める点も良いです。
しみやそばかすなどを薄くして、肌荒れ、小じわを緩和してくれるので、アンチエイジングに良いなと思いました。
(40代女性)


 

シミに効く飲み薬 ドラッグストアで買うならコレ!おすすめ市販薬3選

ここからは市販で買えるシミに効く飲み薬を3つご紹介します。

 

トランシーノ ホワイトCクリア

シミに効く飲み薬 トランシーノホワイトクリアC

トランシーノ ホワイトCクリアの商品概要

市販の美白ケアと言えばトランシーノシリーズ。

 

トランシーノホワイトCクリアは、第一三共ヘルスケアが販売している第3類医薬品です。

 

市販のシミに効く飲み薬の中では、ビタミンとL-システインを高濃度に配合している点がポイント。

 

シミに効く成分の量を重視してシミに効く飲み薬を選ぶなら、トランシーノホワイトCクリアがおすすめです。

 

トランシーノホワイトCクリアの有効成分(1日当たり)

ビタミンC:1,000mg、L-システイン240mg、ビタミンB2:6mg、ビタミンB6:12mg、ビタミンE:50mg

 

トランシーノホワイトCクリアの口コミ

口コミ

 

三週間くらいに飲み続けた結果、白くなった!電球みたいに光ってる!と友達に褒められました。
顏も白くなりましたが、体とくに腕は本当に白くなったかもと感じました。
これからも続けていきたいです。
(20代女性)


口コミ

 

服用し始めて数週間が経ちましたが、すでに効果を感じています。
肌全体が明るくなり、シミ単体に効いているというより、全体に効いている感じがあります。
肝斑も気になっていますが、若干こちらにも効果があったのかなと思います。
(30代女性)


口コミ

 

トランシーノ ホワイトCクリアは、妊娠、授乳期にも服用できるので安心感があります。
ビタミンC1,000mg配合だから、シミケアと同時に、疲れた体もサボートしてくれる点もイイと思います。
とても飲みやすくて、気になるにおいや味はありませんでした。
(40代女性)


 

チョコラBBルーセントC

シミに効く飲み薬 チョコラBBルーセントC

チョコラBBルーセントCの商品概要

CMでもおなじみのチョコラBBルーセントCは、体の内側からシミやそばかすにアプローチする第3類医薬品。

 

シミのもととなる黒色メラニンそのものを作らせず、肌の奥でできてしまった黒色メラニンは無色化し、さらに今あるシミを排出するように働きかけます。

 

ビタミンEを高濃度に配合しているシミに効く飲み薬なので、肌のターンオーバー促進や肌トラブルも改善したい方におすすめです。

 

チョコラBBルーセントCの有効成分(1日当たり)

ビタミンC:600mg、L-システイン240mg、ビタミンB2:15mg、ビタミンB6:20mg、ビタミンE:100mg

 

チョコラBBルーセントCの口コミ

口コミ

 

シミを薄くする飲み薬を飲み初めてから約2ヶ月。
つい最近、化粧品カウンターで肌色を計測してもらいに行った所、全体的に色ムラの無い綺麗な肌と診断結果が♪
少しずつ効果は出て来てる様です。
(20代女性)


口コミ

 

これまでにシミに効く飲み薬を何種類か飲んでみたのですが、今までで1番いいかも。
少しずつ目元のシミが薄くなってきているのを実感しています。
これからも飲み続けます!
(30代女性)


口コミ

 

120錠入りを1つ飲み終えて、今2つ目を飲んでいます。
以前よりも肌色がトーンアップし、シミにも少しずつ効果が表れているように思います。
肌が元気になった感じで嬉しいです。
(40代女性)


 

ケシミンLC錠

シミに効く飲み薬 ケシミンLC錠

ケシミンLC錠の商品概要

シミ対策といえば小林製薬のケシミン。
ケシミンはクリームだけでなく飲み薬タイプもあり、第3類医薬品に認定されています。
L-システインとビタミン群を中心に配合し、体の内側からシミ対策ができるシミに効く飲み薬。
すべての有効成分をバランス良く配合しているので、肌質を改善したい方におすすめです。

 

ケシミンLC錠の有効成分(1日当たり)

ビタミンC:600mg、L-システイン240mg、ビタミンB2:12mg、ビタミンE:50mg

 

ケシミンLC錠の口コミ

口コミ

 

シミが気になったので1ヶ月飲みましたが、シミがすっかり消えていました♪
顔のシミ消し&美白効果を期待して飲み始めたのですが、肌質も改善されました。
ずっとリピ買いしてます。
(20代女性)


口コミ

 

飲み始めて1か月。眼の下に無数にあったシミが薄くなったのは明らかにわかります。
肌の状態が良くなって全体的にくすみが減ったのかな?
ビタミンCが多めに配合されているのも嬉しいです。
(30代女性)


口コミ

 

シミに効く医薬品と言えばケシミンなので、クリームと併用しました。
2ヶ月ほど使用しましたが、シミが薄くなってきています。
完全にシミが消えるのを期待して、このまま使用したいと思います。
(40代・女性)


 

肝斑の飲み薬にはトランシーノホワイトUがおすすめ

トランシーノホワイトU

シミに効く飲み薬 トランシーノホワイトU

トランシーノホワイトUの商品概要

肝斑に効く有効成分と言えばトラネキサム酸。

 

トランシーノホワイトUは、トラネキサム酸を配合した第1類医薬品です。

 

L-システインやビタミン群も配合されているシミに効く飲み薬なので、肌質の改善にも効果的。

 

市販の飲み薬で肝斑を治したいなら、トランシーノUがおすすめです。

 

トランシーノホワイトUの有効成分(1日当たり)

トラネキサム酸:750mg、ビタミンC:300mg、L-システイン240mg、ビタミンB6:6mg、パントテン酸カルシウム:24mg

 

トランシーノホワイトUの口コミ

口コミ

 

長年ホルモン治療をしていたせいで両頬に酷い肝斑がありました。
ホルモン治療を終えたので2ヶ月分購入しました。
まだ服用して1週間ですが、嘘のようにみるみる薄くなりました!
(40代女性)


口コミ

 

約1ヵ月半分、飲み終えました。
確かに肝斑にのみ効果がありましたし、肌の状態も改善されてきました。
こんなに早く肝斑に効くとは予想してなかったのでとても嬉しいです。
(40代女性)


口コミ

 

肝斑に効くと聞いて購入しました。
約2ヶ月飲んでみて、肝斑が薄くなっているのを実感できました。
完全に肝斑が消えるまで続けたいです。
(40代女性)


 

シミに効く飲み薬に副作用は無いの?

 

シミに効く飲み薬 副作用

 

シミに効く飲み薬に副作用はないのでしょうか。

 

ここではシミそばかす内服薬に配合されている美白成分の代表格・L-システインとトラネキサム酸の副作用の情報と、シミに効く飲み薬の副作用を防止するために大切なポイントをご紹介します。

 

シミに効く飲み薬 美白成分の副作用は?

L-システインの副作用は大丈夫?

L-システインの過剰摂取や長期服用をすると、以下の副作用が発生する可能性があります。

 

  • 白髪が増える
  • 糖尿病の症状が悪化する
  • 腹痛や吐き気など

 

トラネキサム酸の副作用は大丈夫?

トラネキサム酸は元々は止血剤。血を固める性質による副作用に注意が必要です。

 

  • 心筋梗塞、脳梗塞、血栓性静脈炎などのある方は病気の症状が悪化する
  • 発疹や吐き気、腹痛、頭痛やめまいなど

 

シミに効く飲み薬の副作用を防ぐために気を付けたいポイント

シミに効く飲み薬を過剰に摂取しない

シミに効く飲み薬には用法用量が定められています。

 

各メーカーはシミが消える飲み薬の効果的で安全な用法用量を定めています。

 

シミに効く飲み薬で副作用を引き起こさないためにも、用法用量をしっかり守りましょう。

 

シミに効く飲み薬にアレルギー成分が配合されていないか確認

シミに効く飲み薬にアレルギー成分が配合されていると、最悪の場合、アナフィラキシーショックを引き起こすなど重篤な状態になる可能性があります。

 

シミを薄くする飲み薬にアレルギー成分が配合されていないかどうか、購入前によく確認しましょう。

 

シミに効く飲み薬の飲み合わせに注意

シミに効く飲み薬に限らずですが、薬の飲み合わせには注意が必要です。

 

飲み合わせが悪い場合、効果を弱めたり、逆に効果を強めすぎて副作用を引き起こす可能性があります。

 

現在服用している薬がある場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

体の外からシミケアするならシミ対策コスメがおすすめ

 

シミに効く飲み薬 美白コスメ

 

シミを消すためにはシミに効く飲み薬だけでなく、体の外側からアプローチする方法も有効

 

体の外からシミを改善するなら、シミ取りクリームやシミ対策オールインワンジェルなど、化粧品でのケアも簡単で効果的です。

 

当サイトではシミ取りクリームとシミ対策オールインワンジェルをランキング形式でご紹介しておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

 

 

 

もっと早くシミを消したいのなら皮膚科治療も検討

 

シミに効く飲み薬 皮膚科

 

これまでにご紹介したシミに効く飲み薬やシミ取り化粧品では即効性が期待できません。

 

即効性が欲しい方は皮膚科のシミ治療を検討してみてはいかがでしょうか。

 

皮膚科でも1回の治療でシミは消えませんが、皮膚科のシミ治療ならより早くシミを改善できます。

 

シミを治す飲み薬 皮膚科の処方薬と市販薬の違い

皮膚科で処方されるシミそばかす内服薬と市販薬では何が違うのでしょうか。

 

最大の違いは有効成分の配合量です。

 

シミに効く飲み薬の市販薬は安全性を重視して、処方薬よりも有効成分の配合量がやや少なく、服用期間に制限があるのが一般的です。

 

シミに効く飲み薬の処方薬は有効成分が多いですし、医師が診察した上で処方しているため効果・効能を実感しやすいメリットもあります。

 

シミに効く飲み薬 皮膚科で処方される薬には何があるの?

シミに効く飲み薬の皮膚科で処方される薬をご紹介します。

 

市販のシミを薄くする飲み薬に含まれる成分も一部含まれますが、処方薬には漢方薬など生薬由来で体に優しい飲み薬もあります。

 

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • L―システイン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタ
  • 漢方薬
  •     −桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
        −大柴胡湯(だいさいことう)
        −加味逍遥散(かみしょうようさん)
        −当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

シミの皮膚科治療 シミに効く飲み薬の治療期間

シミそばかす飲み薬による治療は、基本的には肌のターンオーバーに頼っています。

 

シミの程度やターンオーバーのサイクルにもよりますが、一般的には最低でも3ヶ月以上の治療期間を必要とします。

 

シミの皮膚科治療 シミに効く飲み薬の治療費用

シミが消える飲み薬の場合、1ヶ月分でおよそ3,000円〜5,000円程度が相場。

 

最低でも3ヶ月〜半年程度は続ける必要がありますので、トータル費用は10,000円〜30,000円程度必要です。

 

まとめ

シミに効く飲み薬についてご紹介してきました。

 

体の内側から全身のシミケアを効果的にできるのが、シミ対策医薬品の最大のポイント。

 

シミを治す飲み薬を生活に取り入れて、シミのない綺麗な肌を目指しましょう。