ニキビ跡を治す方法|市販薬でもニキビ跡を綺麗に治せる?治せない?

 

ニキビ跡の治す方法を中心に、おすすめの市販薬、効果的な使い方や予防するためのケアについてご紹介します。

 

ニキビ跡は市販薬でも簡単にケアできる商品があるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡の種類

 

ニキビ跡には種類があるのをご存知ですか?

 

ニキビ跡の種類により治す方法が異なるので、ニキビ跡のタイプ別にチェックしましょう。

 

ニキビ跡を5つに分類して説明します。

  • 赤みタイプのニキビ跡
  • 色素沈着タイプのニキビ跡
  • クレータータイプのニキビ跡
  • しこりタイプのニキビ跡
  • ケロイドタイプのニキビ跡

 

赤みタイプのニキビ跡を治す方法

 

赤みタイプのニキビ跡とは

 

ニキビの炎症の名残や、毛細血管の肌ダメージの修復によるニキビ跡。

 

赤みタイプのニキビ跡の原因

 

炎症の名残でくすぶっている状態のために、赤みタイプのニキビ跡が見られます。

 

またニキビの炎症などにより皮膚が刺激やダメージを受けると、炎症している部分を修復するために毛細血管が作られます。

 

毛細血管の血液により皮膚に赤みが出て、通常よりも毛細血管が増えるのに加え、ダメージの影響で皮膚が薄くなっているため、通常よりも赤みが目立ちニキビ跡となります。

 

赤みタイプのニキビ跡を治す方法

赤みタイプのニキビ跡は比較的症状が軽く、肌のターンオーバーの繰り返しにより徐々に赤みが取れていくと言われています。

 

基本的には肌のターンオーバーを促進させる成分を配合した塗り薬を塗ったり、飲み薬の内服が有効

 

日頃のスキンケアや食事、睡眠など、生活習慣の改善も効果的で大切です。

 

色素沈着タイプのニキビ跡を治す方法

 

色素沈着タイプのニキビ跡とは

 

赤みタイプのニキビ跡が、紫外線などの刺激やダメージにより悪化した茶色いシミのようなニキビ跡。

 

色素沈着タイプのニキビ跡の原因

 

色素沈着タイプのニキビ跡は、主に紫外線と肌へのダメージが原因です。

 

紫外線やニキビの炎症などにより肌へダメージが与えられると、肌を守るためにメラニンが大量に発生します。

 

メラニンは表皮で生成されるため通常なら肌の新陳代謝によって排出されますが、ニキビが治った後の肌はターンオーバーが正常に行われず、メラニンが残る場合があるためにニキビ跡となります。

 

色素沈着タイプのニキビ跡を治す方法

 

色素沈着タイプのニキビ跡には、メラニン色素を薄くする美白ケアが効果的です。

 

メラニン色素の生成を抑えて薄くする作用の高いビタミンC誘導体やハイドロキノンなど、美白効果の高い成分を毎日のスキンケアに取り入れるのがおすすめ

 

ニキビ跡の色素沈着やシミが残る原因の多くは、肌のターンオーバーも影響しているので、赤みタイプと同様のケアも効果的です。

 

クレータータイプのニキビ跡を治す方法

 

クレータータイプのニキビ跡とは

 

炎症による皮膚組織の破壊が真皮層まで及び、肌に凹凸ができるクレーター状のニキビ跡。

 

クレータータイプのニキビ跡の原因

 

肌で炎症が起きると、白血球がコラーゲンなどの皮膚組織を壊して炎症を抑える免疫反応が発生します。

 

コラーゲンが破壊されると、新しい皮膚細胞の生成ができなくなる、または生成スピードが遅くなります。

 

その結果、真皮の修復にムラが生じて毛穴の構造が崩れ、肌に凹凸ができてクレーターになります。

 

真皮層ではターンオーバーが行われないため、ダメージが残りやすいニキビ跡です。

 

クレータータイプのニキビ跡を治す方法

 

クレータータイプのニキビ跡は、肌の奥深くの真皮層にまでダメージが及んでいる場合がほとんどです。

 

真皮層はターンオーバーによる肌細胞の入れ替わりが活発でないので、傷が深くなれば深くなるほど自然治癒やセルフケアによる改善が難しいです。

 

しかしターンオーバーが全くないわけではないので、赤みタイプのニキビ跡に対するケアと同様にターンオーバーを促進するのもポイントです。

 

しこりタイプのニキビ跡を治す方法

 

しこりタイプのニキビ跡とは

 

肌へのダメージの修復のために、肌細胞が過剰に生成されてしこりになったニキビ跡。

 

しこりタイプのニキビ跡の原因

 

しこりタイプのニキビ跡は、長期間に及ぶニキビの影響によって肌の奥深くにまで損傷を受けた場合に起こりやすいと言われています。

 

刺激やダメージを受けて悪化した部分を修復しようと肌の再生が盛んに行われた結果、肌細胞やコラーゲンが過剰生成されてしまい、その結果しこりとなって残ってしまいます。

 

しこりタイプのニキビ跡を治す方法

 

新たなしこりを作らない為にもお肌のターンオーバーを促すのは大切ですが、できてしまったしこりをセルフケアで完治させるのは難しいです。

 

まずは皮膚科を受診し、適切な治療を受けるのをおすすめします。

 

ケロイドタイプのニキビ跡を治す方法

 

ケロイドタイプのニキビ跡とは

 

度重なるニキビの炎症により重度のダメージを受けて、ケロイド状になったニキビ跡。

 

ケロイドタイプのニキビ跡の原因

 

ケロイド状のニキビ跡は、度重なるニキビの炎症によって毛穴に達するまでのかなり重いダメージを受けた場合に起こります。

 

重度の炎症によってダメージを負った皮膚はコラーゲンを増やして肌再生を図ります。しかし損傷が大きい為にコラーゲンの生成が過剰に起こってしまい、正常な肌再生が行えなかったコラーゲンが幾重にも重なった結果、ケロイドとなって残ってしまいます。

 

ケロイドタイプのニキビ跡を治す方法

 

ケロイド状のニキビ跡はセルフケアで治すのはほぼ不可能だと言われています。

 

早めに皮膚科を受診し、医師の診断のもとに適切な治療の実施をおすすめします。

 

背中などのニキビ跡を治す方法は顔と同じなの?

 

ニキビ跡は顔だけでなく、背中や首など体にできる場合がありますよね。

 

体のニキビ跡を治す方法は基本的には顔と同じです。

 

これまで説明したように、ニキビの種類によって治す方法は異なるので、種類を見極めて適切な処置を行いましょう。

 

体の場所によっては自宅でのセルフケアが難しい場合もあります。

 

皮膚科や美容皮膚科クリニックの受診もひとつの方法として検討しましょう。

 

ニキビ跡を治す市販薬 選び方のポイント

 

ニキビ跡を治す市販薬 選び方のポイント

 

ここからは主に赤みタイプ、色素沈着タイプ、クレータータイプのニキビ跡に有効な市販薬の選び方についてご紹介します。

 

抗炎症作用のある市販薬

 

ニキビ跡を治すには炎症の抑制が重要。

 

赤みのあるニキビ跡は皮膚が炎症を起こしている状態のため、まずは炎症を抑える必要があります。

 

肌の炎症を抑える有効成分として有名な、グリチルリチン酸などを配合している薬がおすすめです。

 

保湿効果のある市販薬

 

ニキビ跡には乾燥が大敵。

 

しっかり保湿をすると肌のターンオーバーが活性化されて、結果として、肌の新陳代謝によりニキビ跡を消せます。

 

コラーゲンやステアリン酸など高い保湿効果のある成分を配合した市販薬を選びましょう。

 

美白成分が配合された市販薬

 

特に色素沈着タイプのニキビ跡を治したいなら、シミ・そばかすに効果のある美白成分を配合した市販薬がおすすめ。

 

ビタミンCを配合した市販薬は色素沈着したニキビ跡の元となるメラニンを抑制し、ビタミンEを配合した市販薬は肌のターンオーバーを活性化させてメラニンを排出します。

 

ニキビ跡を自宅で簡単に治す方法はコレ!おすすめの市販薬5選

 

ニキビ跡を治す市販の塗り薬をご紹介します。

 

ご自分のニキビ跡の症状に合わせて選んでみてください。

 

小林製薬 ケシミンクリームEX

ケシミンクリームEXの商品概要

ニキビ跡を治す市販薬 ケシミンクリームEX

CMでも有名なケシミンクリームEXは、ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)とアルブチンのWのシミ対策成分を配合

 

集中的に角質層のすみずみまでじっくり浸透して、メラニンの生成を抑えて、しみ、そばかす、ニキビ跡にも効果的です。

 

ケシミンクリームEXの有効成分と効果
  • L-アスコルビン酸 2-グルコシド:ビタミンC誘導体の一種。メラニンの生成を抑制します。
  •  

  • アルブチン:美白有効成分のひとつ。メラニンの生成を抑制します。
  •  

  • トコフェロール酢酸エステル:ビタミンE誘導体の一種。お肌の血行を良くし、新陳代謝を活性化・ターンオーバーを整え傷跡やシミの修復を促進します。

 

ケシミンクリームEX その他の配合成分

ヒアルロン酸Na-2、油溶性甘草エキス(2)、ホオノキ抽出液、ミツロウ、プルーン酵素分解物、トリエチルヘキサン酸グリセリル、BG、SEステアリン酸グリセリル、濃グリセリン、ステアリン酸、ステアリン酸PEG、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、親油型ステアリン酸グリセリル、セタノール、ジメチコン、グリコシルトレハロース、水添デンプン分解物混合溶液、フェノキシエタノール、ステアロイルグルタミン酸Na、パラベン、EDTA-2Na、無水亜硫酸Na、硬化油、べヘニルアルコール、水酸化K、精製水

 

ケシミンクリームEXが有効なニキビ跡の種類

赤みタイプ、色素沈着タイプ、クレータータイプ

 

ケシミンクリームEXの口コミ

 

口コミ

 

濃厚な成分を感じさせるクリームですが、とてものびがよくつけやすいです。
お肌にピッタリ吸い付くような感じで密着度がすごくいいです。
やや薄くなったような気がしますが、1本使い終わる頃に効果が感じられるといいと思います。


口コミ

 

クリームを塗った瞬間、しばらく肌に成分がしみ込んでいくような感覚があり、効いている感覚がありました。
パッケージに比べて、チューブが小さい感じはありましたが濃厚なクリームが良く伸びるので価格も安いですし、コスパは良いと思います。


口コミ

 

ニキビ跡が色素沈着して直径5mm程度のシミができてしまい、かなり目立っていたので使い始めました。
使いつづけた上で生活習慣を改善していくうちに、すっかりキレイになりました。
時間はかかりますが効果は確かだと思います。


 

小林製薬 アットノンEX

アットノンEXの商品概要

ニキビ跡を治す市販薬 アットノンEX

アットノンEXは、傷跡や火傷の後を目立たなくする第2類医薬品のクリーム。

 

肌の炎症を鎮める成分と肌のターンオーバーを促進させる成分が配合されており、ニキビ跡にも効果を発揮します。

 

※背中や首など顔以外のニキビ跡に使用します。口コミで顔に使用している方がいますが、本来顔に使用する薬ではないので注意が必要です。

 

アットノンEXの有効成分と効果
  • ヘパリン類似物質:ターンオーバー促進作用、血行促進作用、水分保持作用があります。
  •  

  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用があります。炎症を起こしているニキビケアにも効果的です。
  •  

  • アラントイン:傷ついた皮膚組織の修復を助けます。

 

アットノンEX その他の配合成分

セタノール、ステアリルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、スクワラン、ミリスチン酸イソプロピル、ジメチルポリシロキサン、自己乳化型ステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリソルベート60、カルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、パラベン、エデト酸Na、トリエタノールアミン

 

アットノンEXが有効なニキビ跡の種類

赤みタイプ、色素沈着タイプ

 

アットノンEXの口コミ

 

口コミ

 

顔の一箇所だけ集中してニキビができるため、どんどんニキビ跡の範囲が広くなるのが悩みでした。
ファンデーションを塗っても気になるので少しでも薄くなればと思い購入。
まだ1週間ほどですが少しずつ薄くなってきています。


口コミ

 

ニキビ跡が気になっていたので購入しました。
1ヶ月程でニキビ跡が目立たなくなったのを自分でも実感できました。
頬全体に塗り続けたところ、つるつる滑らかになり、美肌も叶いました。


口コミ

 

怪我、傷痕を目立ちにくくするための医薬品ですが、顔につけるとハリがでて毛穴にも効果があると効いたので、お試しで購入しました。
塗り込むと血行がよくなり代謝や肌のターンオーバーを促すようで、シミやニキビ跡にも効果を実感できました。


 

資生堂 イハダ プリスクリードAA

イハダ プリスクリードAAの商品概要

ニキビ跡を治す市販薬 イハダ プリスクリードAA

イハダ プリスクリードAAは、イハダシリーズの塗り薬タイプの第2類医薬品です。

 

皮膚の新陳代謝を改善する効果があり、ニキビ跡の赤み、シミ、色素沈着といった症状の改善におすすめ。

 

ビタミンAの誘導体のレチノールには、コラーゲンとエラスチンの生成を促進する効果があり、クレーターのニキビ跡の改善にも有効です。

 

イハダ プリスクリードAAの有効成分と効果
  • ウフェナマート:肌の炎症を鎮めます。
  •  

  • ビタミンA油:皮膚の代謝を高めます。
  •  

  • トコフェロール酢酸エステル:ビタミンE誘導体の一種。肌の血行を良くし、新陳代謝を活性化・ターンオーバーを整え傷跡やシミの修復を促進します。

 

イハダ プリスクリードAA その他の配合成分

 

流動パラフィン、ワセリン、マイクロクリスタリンワックス、ジメチルポリシロキサン、ステアリルアルコール、ベヘニールアルコール、1,3‐ブチレングリコール、グリセリン、マクロゴール、硬化油、ミリスチン酸イソプロピル、トリイソオクタン酸グリセリン、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、ステアリン酸グリセリン、クエン酸、水酸化K、クエン酸Na、エデト酸Na、BHT、パラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸Na、カルボキシビニルポリマー、フェノキシエタノール、その他1成分
※ステロイド成分は配合されていません。

 

イハダ プリスクリードAAが有効なニキビ跡の種類

赤みタイプ、色素沈着タイプ、クレータータイプ

 

イハダ プリスクリードAAの口コミ

 

口コミ

 

ニキビ跡が気になり、薬局ですすめられたので購入しました。
赤みのあったニキビ跡が薄くなってきました。
化粧品のように保湿効果はあまりないようなので、ピンポイントでの使用がおすすめです。


口コミ

 

無臭で柔らかめのクリームです。
顔全体に使っていましたが、炎症部分は数日で良くなりました!
1個使い終わって再発もなく完治しました。
非ステロイドで肌に優しいので、安心して使い続けられる商品です。


口コミ

 

時々頬や口元が赤くヒリヒリしたりかゆみが出たりするのですが、こちらを使用するとかゆみも和らぎ、朝には赤みも消えて普通にスキンケアやお化粧ができます。
何個リピしたか分かりませんが、肌荒れを起こしてもこちらでケアできるので、皮膚科に行かずに過ごせています。


 

ロート製薬 メラノCC

メラノCCの商品概要

ニキビ跡を治す市販薬 メラノCC

保湿力と浸透力が高くSNSでもプチプラで効果が高いと話題の美容液。

 

ニキビ跡が気になる肌へ潤いを届けて、ターンオーバーの正常化をサポートします。

 

抗炎症成分と美白有効成分が配合されているので赤み、シミ・色素沈着のニキビ跡におすすめです。

 

メラノCCの有効成分と効果

 

  • 3-O-エチルアスコルビン酸:高浸透ビタミンC誘導体。メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます。
  •  

  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用があります。炎症を起こしているニキビケアにも効果的です。
  •  

  • アルピニアホワイト:植物由来の潤い成分。肌に潤いを与えます。

 

メラノCC その他の配合成分

 

イソプロピルメチルフェノール、ビタミンCテトライソパルミテート、エトキシジグリコール、アルピニアカマツダイ種子エキス(アルピニアホワイト)、BG、エデト酸塩、粘度調整剤、香料

 

メラノCCが有効なニキビ跡の種類

赤みタイプ、色素沈着タイプ

 

メラノCCの口コミ

 

口コミ

 

1か月ほど使い続けています。ニキビ跡が薄くなるのが早い気がします。
塗るとじわ〜っと温かくなり、塗るだけでも効いてる感じがします。
価格も安くコスパもかなりいいので、リピしようと思います!


口コミ

 

シミやニキビ跡が気になりだし、自分で口コミを調べて購入しました。
まだ使い始めて1ケ月程度ですが、確実にニキビ跡は薄くなってます。
シミへの効果は分かりませんが、プチプラでお財布にも優しいので、使い続けます!


口コミ

 

頬や顎にニキビができやすく、ニキビ跡もかなりある状態です。
全体的に使っているとニキビができにくくなった気がするし、ちょっと跡も薄くなった気がします。
ニキビができやすい私には必需品。これからも使いたいと思います。


 

エーザイ チョコラ ザーネプラス

チョコラ ザーネプラスの商品概要

ニキビ跡を治す市販薬 チョコラ ザーネプラス

手指のあれ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、老人の乾皮症、さめ肌の症状の改善を目的とする第3類医薬品のクリーム。
皮膚の新陳代謝を高めてニキビ跡の改善を助けてくれる効果のあるビタミンEが配合されています。

 

特に赤み、シミ・色素沈着のニキビ跡の症状におすすめです。

 

※背中や首など顔以外のニキビ跡に使用します。口コミで顔に使用している方がいますが、本来顔に使用する薬ではないので注意が必要です。

 

チョコラ ザーネプラスの有効成分

 

  • 尿素:硬くなった皮膚や角質を柔らかくします。
  •  

  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用があります。炎症を起こしているニキビケアにも効果的です。
  •  

  • トコフェロール酢酸エステル:ビタミンE誘導体の一種。肌の血行を良くし、新陳代謝を活性化・ターンオーバーを整え傷跡やシミの修復を促進します。

 

チョコラ ザーネプラス その他の配合成分

 

クエン酸、セトステアリルアルコール、ラノリン、DL-アラニン、L-アルギニン、還元麦芽糖水アメ、キサンタンガム、グリシン、グリセリン、コレステロール、シリコーン樹脂、スクワラン、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸プロピレングリコール、大豆レシチン、d--トコフェロール、乳酸Na、ミリスチン酸オクチルドデシル

 

チョコラ ザーネプラスが有効なニキビ跡の種類

赤みタイプ、色素沈着タイプ

 

チョコラ ザーネプラスの口コミ

 

口コミ

 

肌のざらつきとニキビ跡が気になり、友人にすすめられたので購入しました。
夜洗顔後に化粧水、目元と口元に美白化粧水とか美容液でケアして、最後に目元と口元中心に塗っています。
肌のざらつきが気にならなくなり、ニキビ跡が薄くなった気がします。


口コミ

 

半透明のちょっと固いテクスチャーなので、肌なじみが気になっていたのですが、特に問題ありません。
肌がしっとりして肌質が良くなってきて、もう何個もリピートしています。


口コミ

 

ニキビ跡に効くと聞いたので購入。
本来は顔に使用できないのですが、私は問題ありませんでした。
即効性はなく時間がかかりましたが、肌が保湿されてニキビ跡も気にならなくなってきたので、私の必需品です。


 

 

ニキビ跡を治す方法・市販薬の効果的な使い方

 

ニキビ跡を治す方法 市販薬の効果的な使い方

 

ニキビ跡を早く治すためには使い方が重要。

 

ここではニキビ跡を消すクリームの効果的な使い方をご紹介します。

 

ニキビ跡を効果的に治す 塗り薬の使い方

 

洗顔後の清潔な肌に使用する

 

基本的には洗顔後の清潔な肌に対して使用するのがおすすめです。

 

また手に雑菌がついた状態で使用すると、余計な肌トラブルにつながる可能性も。

 

使う際には手を綺麗に洗い、雑菌や汚れの無い清潔な状態で使うようにしていきましょう。

 

使用量・使用回数を守る

 

製品の適量を守って、指定されている回数をなじませるように塗りましょう。

 

即効性を求めてたっぷり塗る人もいますが、量を多く塗っても、肌に浸透する成分は一定ですので決して効果は変わりません。

 

製品によっては肌の乾燥を招く場合もありますので、適量を守りましょう。

 

塗る順番に注意する

 

基本的には化粧品で保湿を行う前が良いです。

 

効果が出てほしい順で肌に塗っていきますので、洗顔後にまず薬を塗り、化粧水、乳液の順で使い保湿ケアもしていきます。

 

乾燥が気になる人は肌トラブルを避けるために、効果がやや落ちても保湿を優先した方が良いです。

 

配合成分と使用上の注意を確認する

 

肌の部位によっては配合成分が刺激となり、肌にダメージを与えてしまうケースもあります。

 

ダメージが原因でニキビなどの肌トラブルを発生させたり、症状を悪化させる可能性もあります。

 

配合成分と使用上の注意をよく確認し、不安があれば薬局など販売店の薬剤師に相談して使用しましょう。

 

 

毎日の自宅ケアでニキビ跡を治せる・予防できる

ニキビ跡を治す方法 毎日の自宅ケアでニキビ跡を治せる・予防できる

 

ここからは自宅で簡単にニキビ跡を治したり予防できる方法をご紹介します。

 

普段の生活に取り入れて、ニキビ跡のない綺麗な肌を目指しましょう。

 

ニキビ跡を治す・予防するスキンケア(顔)

 

ニキビ跡を治すためにも予防するためにも、スキンケアは重要です。

 

スキンケアのポイントは以下です。

 

  • 洗顔で皮脂や汚れを綺麗に落とす
  • 洗顔しすぎない
  • ごしごしこすって洗顔しない
  • きちんと保湿する

 

特に乾燥はニキビ跡の一番の大敵。

 

洗顔をしすぎると、角質や皮脂を必要以上に取りすぎて肌が乾燥してしまいます。

 

肌が乾燥すると角質が固く厚くなり毛穴を塞ぎ、化粧水や美容液やクリームなど化粧品の浸透を妨げ、ニキビ跡の改善ができなくなります。

 

ニキビ跡の治療と予防には、美容成分が配合された化粧品やピーリングもおすすめ

 

化粧品で肌の状態を良好に保ったり、ピーリングにより肌の再生能力を高めると、ニキビ跡の治療や予防につながります。

 

ニキビ跡を治す・予防するスキンケア(背中などの体)

 

体も顔同様にケアをしてあげないと、ニキビ跡になる可能性があります。

 

以下のポイントに気を付けてケアしましょう。

 

  • お風呂の入り方を工夫する
  • 化粧水などの化粧品で保湿ケアをする

 

お風呂の入り方のポイント

  • 髪は前に下ろして洗う

髪を洗う時に髪を後ろに垂らしていると、背中の毛穴にシャンプー等が詰まってしまいます。
髪は前に下ろして洗うと良いでしょう。

 

  • 入浴時は上から洗う

入浴時は、体の上から(髪→顔→上半身→下半身)順番に洗いましょう。
体の上から洗うと、洗い残しによる毛穴の詰まりを防いでニキビ防止になります。

 

  • 肌は優しく洗う

垢すりタオル等を使って古い角質を落とす洗い方は、特に炎症を起こしているニキビには逆効果です。
肌を傷つけないように、手で優しく洗いましょう。

 

  • 温度は38〜39度

お湯の温度が高すぎると交感神経が刺激されて、体が興奮してしまいます。
38〜39度ぐらいの温度で体をリラックスさせると、肌の調子を左右する自律神経のバランスを整えられます。

 

5.3 ニキビ跡を治す・予防する生活習慣

毎日の生活習慣の改善により、肌のターンオーバーを促進したり肌の機能を高めて、ニキビ跡を治したりニキビ跡を防げます。
生活習慣では以下のポイントに気を付けましょう。

  • きちんと紫外線対策をする
  • バランスの良い食生活を心がける
  • 十分に睡眠をとる
  • 適度に運動する
  • ストレスを溜めないようにする

 

そもそもニキビ跡を作らないのも重要なポイントです。
普段の生活の中でニキビ跡を予防するためには、特に以下に気を付けましょう。

  • ニキビに触らない
  • ニキビを強くこすらない
  • ニキビに必要以上にメイクを重ねない

 

なかなか生活習慣は変えるのは難しいですが、少しずつ見直していくとニキビ跡の予防ができます。

 

是非実践してみてください。

 

ひまし油と重曹でニキビ跡は治せる?

 

ニキビ跡を治す方法 ひまし油と重曹でニキビ跡は治せる?

 

Yahoo知恵袋にこのような投稿がありました。

顔のシミ取りで以前、ネットを検索したらヒマシオイルと重曹を混ぜてシミの箇所にぬったら次第に皮膚が溶けてかさぶたになり、新陳代謝で皮膚が生まれ変わり、綺麗になる。

 

という記事に魅せられてやったんですが、結果、薄くなるどころか濃くなって残ってしまいました。

 

もうやらまいとシミを消す、サプリとかクリームとか、ネットで検索して探しているんですが、また失敗しないかと安易に手を出せない自分がいます。

 

本当に効くシミ改善の物ってどなたかご存知ないですか?

 

インターネット上には様々な情報があふれています。

 

実際に効果があった方もいるかもしれませんが、人によっては肌質に合わずに肌トラブルになったり、さらに悪化するケースもあります

 

ドラッグストアや薬局で手に入る市販薬は、各メーカーが開発後に実験や治験により安全性を確認している商品です。

 

安易にインターネット上の情報を信じて取り入れずに、安全性の確認されている薬を使用しましょう。

 

 

シミになったニキビ跡でも簡単に治せる?

 

色素沈着タイプのように、シミになってしまったニキビ跡を消すには、これまでにご紹介した市販薬や、日頃の生活習慣やスキンケアでも改善できます。

 

シミになったニキビ跡にはシミ取りクリームやシミ対策オールインワンジェルなど、化粧品でのケアも簡単で効果的

 

当サイトではシミ取りクリームとシミ対策オールインワンジェルをランキング形式でご紹介しておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ニキビ跡を治す方法を市販薬を中心にご紹介しました。

 

市販薬は何と言っても、自分で自宅で簡単にケアできるところがポイント。

 

日々の生活に取り入れて、ニキビ跡のない美しい肌を手に入れましょう。